遅い晩ご飯でも太らない方法とは

就寝前に晩ご飯を食べると太ると耳にしたことはありませんか?

特に体重を気にしている貴方は、仕事や家庭の事情で晩ご飯を20時までに済ませることは、難しい場合も多いでしょう。健康に良くないとわかっていても、どうしても遅くなってしまいます。

では、なぜ夜遅くに食事をすると太りやすくなるのでしょうか。

夜遅くに食事をして直ぐに寝てしまうと、食べたものが全然消化されません。

これが習慣化すると、中性脂肪や肝臓の数値が悪化してしまいます。

さらに昼食と夕食の間隔が開き過ぎると空腹感が増し、食べ過ぎる結果になってしまうのです。

この太りやすくなる性質を理解した上で、太らない方法とは間食を摂ることです。

一見食べ過ぎのようにも思えますが、夜遅くに腹いっぱい食べるよりも先に間食をしておく方が太りずらい体になります。その間食もお菓子やケーキではなく、そばやうどん、おにぎりを食べるのをお勧めします。帰宅してからは、ご飯を少なめにして野菜料理を中心に食べるようにすると良いでしょう。

晩ご飯は18~20時の時間帯に食べるのが理想ですが、晩ご飯が遅くなりそうだなと思った時には、我慢せず軽い食事をしておきましょう。そして帰宅をしたらまず食事を済ませてから、入浴や翌日の支度をすれば、より太りにくい生活サイクルとなるでしょう。