子供が一人で行動するようになり、心配です

最近、幼い命が奪われる事故が目につきます。先日は千葉県木更津市で登校中の小学3年生の女の子が二人乗用車にひかれ、一人が死亡したというニュースを見ました。うちにも小学生の娘と息子がいるので他人ごととは思えません。毎朝、当たり前のように「行ってらっしゃい」と見送り、普通に「ただいま」と帰って来るものだと思っていたものがこんなことになるなんて。考えただけでぞっとします。数日前には池袋で暴走した乗用車に母子がはねられ、死亡した事故もありました。こちらも3歳という幼い命でした。また、神戸市の市営バスが歩行者8人をはねて死傷させた事故もありました。

なんだかこんなニュースが続いていて、とても心配です。子供たちが小学生になるまでは、いつどこに行くのも一緒でしたが、小学生になり、登下校は勿論、習い事の行き返りなど子供だけで行動することがほとんどです。車に気を付けるようには言っていますが、今回の事故のように気を付けていても防げない事故が本当にたくさんあります。大人であれば不審な動きをしている車や人がいたら未然に防ぐ事も可能な場合がありますが、子供にはそんな予測は出来ないと思います。私自身、運転免許を持っており、時々、運転しますが、車は凶器になるということを頭に置いて、じゅうぶん注意しようと改めて思いました。